2005年をよりよい年にするために。


by yori.take
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おでかけ2。

■■2nd__Nagoya>>>Expo>>>Nagoya■■
午前7時。
名古屋駅からJRを乗り継ぎ、1時間弱。リニモの出発駅・万博八草駅に到着。
実はリニモには出発前からすごく期待してて。ちょっと緊張。
5分後、リニモ到着。混んでない。すんなり乗車。
ドキドキ。
プシュー、とベタな音をたててドアが閉まる。
ドキドキ。



快適!滑らか!
速度変化やカーブによって前後左右の揺れはあるものの、上下方向への揺れはほとんどなし。
こりゃあイイ。
結局2日間、計4回リニモ乗車。あっぱれじゃったぞ、リニモ。
-------------------------------------------------------------------------------------
c0063632_1848108.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------
んで、15分程で万博会場到着。
開場2時間以上前だというのに、結構人がいてびっくり。
でもまあ余裕だろうと思いきや…「入場券販売開始は午前9時」の文字。
ショック。2時間待ち。
入場券を手に入れた時には既にゲート前は大長蛇の列。。早く着いたの関係なし!
一緒に並んでたオッチャン、オバチャンと不満をぶちまけ合う。
9時半開場。会場に入れたのが10時前。既に疲れた・・・。
-------------------------------------------------------------------------------------
c0063632_185730100.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------
とりあえず企業パビリオンへ。
とりあえずTOYOTAに並ぶ。
とりあえず整理券ゲット。13時10分からの第5回公演に入場可。
うしうし。めちゃめちゃ嬉しい。
この後、すぐにEXPOドームへと向かう。
この日は森田も参加する愛知県芸の吹奏楽コンサートがイベントとしてありまして。
このために来たみたいなトコがあるので。
整理券をもらうため、入場ゲートからほぼ反対側にあるEXPOドームへ一直線。
しかし…。
遠い!!
ドームの屋根は見えてるのになかなか近づいてこない。恐るべし万博!!
15分後。到着。ヘロヘロ。
そんでもって!
…整理券配布とかやってなかったけんね。。
…公式発表と違うじゃないですか。。不満たらたら。
ま、気分を入れ替えてここから外国館。
ポーランド→オーストリア→スイス→北欧と巡る。
ふむ。万博ってこんな感じなのか、と。
昼食はシンガポール館で調達。
-------------------------------------------------------------------------------------
c0063632_11595911.jpg
北欧共同館は造り込まれた鮮やかな空間と土着的な展示内容とがシンクロしていて、北欧の日常におけるデザイン性の高さを実感。
-------------------------------------------------------------------------------------
13時前。急いでTOYOTA館へ。
近くで見るTOYOTA館は面白い。
組み、量、規模、色。
細部はとても力強い。
しかし、イベントは…
寝てしまった。。
キレイだったりカッコよかったりはするけど、それだけ。
なんか終始TOYOTA自慢されてるようで歯がゆかった。
ただ、少しだけTOYOTAに同情。
この公演を見ているのはほとんどがジーチャン、バーチャン。オッチャン、オバチャン。
外に溢れてた中高校生や幼稚園児の姿は皆無。
おそらくTOYOTAは子供達を中心に見せたかったと思うよ。
いっそのこと年齢制限とか設けちゃえばいいのに、とか思った。
-------------------------------------------------------------------------------------
c0063632_8401137.jpg
みかんぐみ設計によるリユースに配慮したTOYOTA館。パビリオン解体後のこの鉄骨の用途にも要注目。
もっとじっくり見たかったが、完全な誘導システムにより周囲を自由に歩く事が出来なかった。夜間のライトアップを見れなかったのも残念。。

-------------------------------------------------------------------------------------
14時過ぎ。EXPOドーム。愛知県芸演奏会。
こういった演奏会は高校以来。久々でウキウキ。
EXPOドームは出入口が遮断されてないため、
風が入ってきて気持ちいい。
…が、こちらも客席の雰囲気がいまいち。僕が言うのもなんですが…。
森田カッコよかったよ。
-------------------------------------------------------------------------------------
このあとスペイン→フランス→国連館。
ヨーロッパばっかりね。。ま、仕方ない。
スペインはチカラ入ってたね。
フランスは最も良かったパビリオンの一つ。我が道を行く、という感じ。
見る側を少し突き放している。映画と一緒だ。
国連館の「100人の写真家が見たアフリカの一日」展は面白かった。
この催しの趣旨はそのタイトル通り、写真家100人が24時間という期限の中で見たアフリカの姿を写真として切り取ってくるというもの。
限られた時間の中で撮られた写真は、特別性を感じないため、より身近にアフリカを感じる事が出来る。
-------------------------------------------------------------------------------------
c0063632_19225100.jpg
ホットvsクール。
スペイン館はストレートにスペインを紹介。観光パンフレットを置いたり、祭りの映像を流したりと完全に観光客ゲットのツールとなっていた。
フランス館は終始アートの世界。vivela!インスタレーション!!このパビリオンのイイ所は、決まったルートがないため自分のペースで自由に動く事が出来るということ。
それぞれのパビリオン側の対応はhot(スペイン)とcool(フランス)
だから、見る側の反応としてはcool(スペイン)とhot(フランス)になっちゃうんだよね。
面白い。

-------------------------------------------------------------------------------------
19時に名古屋駅へ戻る。
1時間程、例のDVDを求めてウロウロ。
なんとか見つける。一安心。
20時30分、芸工組と合流。
予想以上の人数にびっくり。
男全員メガネという状況にびっくり。
それにしても、福岡以外で会うのは何か変な感じ。
ワイワイと夕食場所を求めて移動するも
不慣れな場所、9人という人数の多さでなかなか見つからず。
Hot Pepperでなんとか。
行ったのは「鳥椀」という名古屋コーチンのお店。
初めて来たとは思えない落ち着き。
場所はこの日泊まるホテルの近く。
素晴らしい。
コーチンの美味さに衝撃をうける。
久々に人と関わった。楽しかった。
そして思った。
やっぱりオレは前フリが長い、と。
どうもいらん事言ってしまう。勉強んなった。
2時間半程して、解散。時間はもう日付が変わる頃。
この後ホテルが見つからず探し回る。
最後はなぜかダッシュしてた。
酔うと走りたくなるのはオレだけか??
無事チェックイン。一息も二息もつく。
この日は12時間以上は歩いてた。
なので、シャワー浴びたらそのままベッドに倒れ込んでしまい…


・・・つづく

c0063632_840321.jpg
c0063632_1923555.jpg

[PR]
by yori.take | 2005-05-02 20:38 | favorable