2005年をよりよい年にするために。


by yori.take
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



真心復活!!



ですよ、みなさん!!真心ブラザーズが活動再開ですよ!!

もう少し落ち着いてからちゃんと書き直しますが。
ちょっと興奮して。これだけまず伝えたくて。誰かに聞いて欲しくて。
いや、聞いてくれなくてもいいから。
とにかくじっとしていられなくて。
だから書いちゃいました。
震えた。
(2005-05-09 09:49)
c0063632_11561299.jpg
ふー。そろそろ落ち着いてきたので。

活動再開が発表された昨日のライブについての詳細は
ROCK IN JAPAN FES 2005FROM STAFFをお読みいただければと思いますが。

何かそういう予感は少なからずあったよねー。
いや、ホントに。
真心COVERSではMB's名義でセルフカバーしちゃうし。
FALKENのCMに空にまいあがれが使われるし。
YO-KING氏は17年間の総決算ってタイトルでライブしようとしてたし。
桜井秀俊氏はRosetta Gardenの活動をを休止しちゃうし。
RIJFのアーティスト発表も何か怪しい雰囲気がただよってたし。
伏線は張り巡らされてたわけで。。
事実となった今では全てが繋がっているように思えるわけで。

何はともあれ、これは真心ファンならずとも一大ニュースなわけですよ。
いやまあ、こんだけ騒ぐのは真心ファンしかいないだろうけど。
20代、30代に馴染み深いアーティストが続々と解散している昨今の邦楽シーンにおいて、これは歓迎すべきニュースなのですよ。影響は少なくないと思います。

・・・でもね。手放しで喜べない所もあって。

思えば4年前。完全に真心ブラザーズにはまってしまった浪人時代。
その年に彼らは活動中止を宣言してしまい、ラストツアーを行う。
くしくもラストの武道館はセンター試験の1ヶ月前。行けるわきゃねえ。
(あぁ…浪人なんてしなければ…)
何度となくこの言葉が頭をよぎった事だろう。
そしてそれから3年半。2005年。活動再開宣言。

・・・え?

オレ、復活ライブ行けないじゃないかーーーーーーーーーー!
なんで?なんで今年なんだ〜っ!!来年にしてよ。。
また思い浮かぶこの言葉。
(あぁ…浪人なんてしなければ…)
もしくは
(あぁ…休学なんてしなければ…)

ついてねーなー・・・。まったく。
後ろ髪ひかれるような思いとはまさにこの事。
イギリス行くのやめようかなー・・・とかね(^^;)

しかしですねー。いい風に考えると、浪人して福岡行ったおかげでその3年間YO-KINGのワンマンライブに行けたわけですよ。あんだけの人と。あんだけの回数。こんな素晴らしい事はないですよ。はい。活動再開後の一番最初のライブに行けないのは残念だけど、多分ツアーとかやってくれるでしょう。新曲も出してくれるでしょう。帰ってからの楽しみが増えたよ。
そう考えよう。

ん?

でも、よく考えるとインディアンズライブとはひとまずお別れか…。
この前行った福岡と小倉がラスト。それはそれで寂しいねー。
でもまたいつか。

それにしても今年のRIJFのメンバーはすごい。予告を見るとまだまだ出てきそうやし。これまた何で今年かなー、まったく。。
うし。
来年こそはひたちなかに行くぞっ!!1年以上後の話やけど。
一緒に行ってくれる人募集。1年以上後の話やけど。


でね今、真心のHP見たらね、この前まで二人バラバラのエントランスやったのが、こげなことになっちょった。。
これ見たら・・・やっぱ悔しいわ。。
[PR]
by yori.take | 2005-05-09 20:52 | favorable